釣り

冬場の江戸前落ちハゼ釣りについて

東京で陸っぱりからハゼを狙うハイシーズンといえば、夏から秋にかけてです。

サイズは出ませんが、数釣りが楽しめます、

サイズを狙うなら、11月くらいから1月にかけてでしょうか。

産卵を控えた大型ハゼは落ちハゼともよばれ大きな個体だと20cmを超えるサイズも出ます。

そんな江戸前の大型の落ちハゼを、どうやって陸っぱりから狙うのか?

個人的な考察をまとめてみました。

釣れる時間帯・潮回りは?

  • 止水粋なら夜
  • 本流筋なら昼

小名木川のような流れが少ない運河では、冬になると昼間は釣れなくなり、夜釣りがメインになります。

荒川・隅田川・中川・江戸川のような本流ならば、朝から夕方くらいまでがメインになります。

時間帯でいうと特に朝マズメ、夕マズメ時に20cm前後の大型ハゼの活性が高い印象です。

流れが少ない運河筋で釣りをする場合、潮回りというのは、あまり気にしないかもしれません。

流れがある運河、どちらかといえば激流気味の本流筋では、潮回りも重要になります。

塩止まりの時は、あまり釣れず、潮が動いている時の方がよく釣れます。

落ちハゼが釣れるポイントは?

何らかの地形変化がある場所がポイントになります。

岸際、ブレイク、ストラクチャーの周りは、ハゼがついている事が多いです。

また、明暗部なども意外とハゼが溜まっています。

まあ、ここまで読んだ方は、訝しむ方もいる思います。

「普通のことしか書いてねえじゃねえか」と(笑)

ハイシーズンに比べれば、冬場のハゼ釣りは難しいとされています。

ハイシーズンのハゼ釣りがイージーと言われるのも、狙いどころが明確だからです。

深場よりも浅場狙い。

ハゼがいる場所にエサを垂らせば釣れます。

なんならハゼの見釣りもできます。

冬場になると、狙いどころは浅場から深場までと、狙いどころが難しくなるのです。

冬場でも浅い場所だと釣れないかと思いきや、バンバン釣れてしまうこともあり、なんとも悶絶します。

冬場で釣果を上げるには、なぜ釣れたのかと分析する必要があります。

水温、天気、風、日差し、潮回り、流れなど。

また、一度ハゼがつれた場所は覚えておくと良いと思います。

工事などが入らなかれば、きっと来年も釣れるポイントです。

釣りをしながらも、水深や地形変化も把握しておくと良いと思います。

こんなことは当たり前にやっていることだと思いますので、わざわざ書くのもアレですが・・・

冬場は、夏に比べるとハゼが広範囲に散っています。

冬場に良い釣果を出すのが難しいのは、この辺りかもしれませんね。

どこにハゼがいるかわからないということは、どこにハゼがいても不思議ではないということ。

冬のハゼ釣りで良い釣果を上げるには、とにかく現地に行って釣りをしてデータを取る。

これに尽きます。

最初は全然釣れないかもしれません。

こうやって地味にデータを取り続けると、ハゼが付く場所が理解でき、予想が当たるようになります。

初場所に挑んでもハゼを爆調できる確率が高くなります。

話変わりますが、SNSで釣果をあげていると、ポイントを聞かれることがあると思います。

そんなに仲良くない方だと微妙ですよね(苦笑)

どうしても教えなければならない時は、大まかなポイントで良いのではないでしょうか?

〇〇橋など。

クソ寒い中、現地に出向いて釣りをするという過酷な労力で得たピンポイントは、水中で見えませんし、行ったところで簡単には探せません。

逆に上手い方だと、ピンポイントで教えなくても、だいたい攻めるポイントは同じです。

これは、ハゼじゃなくてもシーバスも同じ感じがします。

ポイントを聞いて行くような釣り人の腕は微妙な感じがします(私のことです・・・)

人にポイントを聞く釣り人は、だいたい他人に話します。

YouTubeなどのSNSなどで拡散することも多い気がします・・・

地元の釣り人っぽい人に話を聞いても、こんな感じでかなり話を盛っている方が多い印象。

自慢話なのか、事実なのかよくわかりません。

釣りは上手じゃないのに、上手い人として振舞いたいのかもしれません(こんなことを書いている私のことです・・・)

地元の人が「あそこは昔から全然ダメ。釣れたことない」なんて言うポイントでも、爆釣したことも多々あります・・・

落ちハゼポイントはGoogleマップなどをみて、気になった場所があれば実際に行って竿を出してみましょう。

最初は全然釣れなかったり、根がかりしまくったりと、、、大変かもしれません。

とにかく地味にデータを取り続けることが大事です。

落ちハゼ釣りの仕掛けについて

水深・流れがない運河筋でしたら、延べ竿。

水深・流れがある本流や運河でしたら、リール竿でちょい投げ。

が基本になると思います。

仕掛けは、好きな釣り方があると思いますので、コレを使えば良いというものがあるわけではありません。

好きな仕掛けで良いと思います。

ただ一点だけ。

針のサイズ・種類、餌の大きさです。

釣り場所によっては、エサを大きくつけないと、全くハゼが食ってこないこともあります。

逆に、小さい方が食いがいい場所もあります。

エサを大きくつけるということは、針が小さいとすっぽ抜けて、フッキングが決まらないことも出てきます。

釣り場所によっては、針大きめエサ大きめにつけないと、ハゼが釣れないということです。

まとめ

クソ寒いですが、とにかく釣りにいきましょう!

The following two tabs change content below.
ながさき整骨院 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 豊島区池袋の近く東長崎で完全予約制・完全自費の整骨院をやっています。 プライベートのこと、仕事していて感じたこと、思ったことを書いています。

-釣り

© 2021 川崎です。