釣り

「江戸川放水路」マルヤ遊船のボートハゼ 釣りで、ワカサギ竿を使った感想

江戸川放水路といえば、日本屈指のハゼ釣りのメッカ。

  • ウェイダーで立ち込んで釣るスタイル
  • ハゼクラ
  • 桟橋釣り
  • ボートハゼ

が有名ですね。

ボートハゼ 釣りの場合

  • 延べ竿
  • リール竿
  • 手バネ竿

が候補に上がると思います。

水温が高いシーズンでは、水深が浅い場所で狙うことが多いため、延べ竿での釣りがメインになるかと思います。

ちょうど、ボートハゼ の釣行日が11月初旬。

水深2m以上のところを狙いたい。

延べ竿でも釣れますが、狭いボートの上では2m以上の竿になると、トラブルの元です。

一人での釣行なら問題ないですけどね。

となると、リール竿が候補に上がりますが、リール竿は

  • 長い磯竿
  • シーバスロッド

しか持っていません。

これでは、ボートハゼ 釣りには適しません。

ボートハゼ 釣りの場合、基本的にボトムに落とす縦の釣りです。

竿は短くても問題ありません。

ボートハゼ釣りに求める竿を条件として

  • 繊細
  • 短い

です。

そこで、

  • テトラ竿
  • ワカサギ竿

を持ち込むことにしました。

候補に上がったのが

ダイワのクリスティア ワカサギ 21

今にも折れそうな繊細さですが、楽しみです!

使って良かったこと・イマイチだったところ

実釣動画

使って良かったこと

  • ティップが柔らかいので、ショートバイトも取れる
  • ティップが柔らかいので、バラしにくい
  • 竿が短いので、船上でのトラブルが起きにくい
  • 軽い

イマイチだったところ

  • 穂先を見ていないと、手元にアタリが伝わってきにくい
  • 良くも悪くもティップが柔らかく吸収してしまうため、引きを楽しめない
  • 延べ竿に比べると、今一つ釣った感がない・・・

この日の釣果は7:30〜10:30くらいで最大15cm、72匹でした。

ワカサギ釣りの場合、手元に伝わるアタリを取るというよりは、ティップを見てうき釣りのように、視覚的に釣る感じですね。

この日は、所用で早上がりしたため、テトラ竿は使わずじまいでした。

The following two tabs change content below.
アバター
ながさき整骨院 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 豊島区池袋の近く東長崎で完全予約制・完全自費の整骨院をやっています。 プライベートのこと、仕事していて感じたこと、思ったことを書いています。

-釣り

© 2020 川崎です。