整骨院・整体

接骨院・整骨院が儲かる仕組みは存在するの?

20年くらい前は、接骨院を開業しさえすればビルを建ててベンツを乗れると都市伝説のように言われていました。

そんな成功体験を夢見て業界に入ってくる方が少なからずいたのも事実です。

そんな成功体験をネタに、コンサル活動や、セミナー開催を行っている業者もあります。

果たして接骨院・整骨院が儲かる仕組みのようなものは存在するのでしょうか?

接骨院を開業して儲けられるかどうかは、能力よりも運の方が大きい気がします。

接骨院・整骨院が儲かるかどうかなんて運次第

私は池袋の近くで開業して、もうすぐ10年。

色々な先生たちをみていて思うのが、儲かるかどうかなんて運次第なのでは? ということです。

有名な方のコンサルやセミナーを受講しても成果が出る方は一定数いますが、別にコンサルやセミナーを受講しなくても成果が出たのでは?という感じがしますす。

逆に、どれだけ気合入れて頑張っても、どうしても成果が出ない方もいます。

別にこの方が努力不足、能力不足というわけではなく、運が悪かったとしか言えないことが多い気がします。

新規集客は特にわかりやすいかもしれません。

「こんなHPで月に20人も集客できるんだ・・・」

ということもあれば

「これだけ作り込んだサイトでも月に1人も集客できないんですね・・・」

ということもあります。

これはルアーフィッシングと同じで、どんなシチュエーションでも釣れる万能のルアーは無いのと同じです。

シチュエーションによっては強い波動を出すルアーがハマることもあれば、場がスレていれば静かな波動のルアーの方がハマることもありますよね?

こういうテンプレを使ってサイトを作れば集客できるということはありません。

まあ、HPから集客できるかどうかなんて運の要素が大きいと感じます。

組織作りとか、人材育成などと言っても、会社にあった人材を採用できるのも運ですよね。

こんな会社ごっこのようなことをやっていて、良く急成長できたよな・・・という会社もありますし。

まあ、ホントこればかりは運ですね・・・

接骨院を開業して儲けられるかどうかは、能力よりも運の方が大きい気がします。

昔に開業して儲けられたのは運が良かった?

クリニックや歯科医院の経営も昔よりもはるかにハードルが高くなっているそうです。

飲食店の経営も同様に、はるかにハードルが高くなっているそうです。

昔に開業したということだけで、先行者利益という恩恵を受けられたということですね。

昔の成功法則を聞いても、あまり参考にならないのは、致し方ないことです。

儲かる仕組み・成功法則は参考にならない?

接骨院を開業して儲けられるかどうかは、能力よりも運の方が大きい気がします。

運良く儲けることができた話ですから、あまり参考にならない気がします。

運が良ければ儲かる仕組み・成功法則で儲けることができるでしょうけど、運が悪ければ何をやってもダメでしょうね。

残念ながら、10年近く同業の先生たちをみていて、そう思います。

接骨院を開業して儲けられるかどうかは、能力よりも運の方が大きいです。

「普通に生活ができる程度に稼ぐ」いう話でしたら、運よりも能力の方が大きいと思います。

ところが

  • もっと儲けて人を雇って自分は現場を抜ける
  • 他店舗展開をしてもっと儲けたい
  • 売り上げを倍にしたい
  • もっと売り上げを上げて他の事業を始めたい

という話になると、もはや能力よりも運の要素の方が大きいと感じます。

「売上を上げたい」と考えた時点で、もうその店は終わりに近づいているということ

どの業種に限らず経営者が考えるべきことは、「どうやったらお客さんが喜んでくれるか?」 なんです。

売上を上げようと色々とやってもみてもダメな理由が、そもそもの動機がダメなんです。

  • 下がった売り上げを補填したい
  • とにかく売り上げアップしたい

そんな動機だから、売れるはずはないのです。

正確にいうと、こんな動機でも運が良ければ、まあ売れます。

儲かる仕組みを知りたい・成功法則を知りたい!なんて考えちゃう時点で、終わりに近づいているのかもしれませんね。

The following two tabs change content below.
アバター
ながさき整骨院 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 豊島区池袋の近く東長崎で完全予約制・完全自費の整骨院をやっています。 プライベートのこと、仕事していて感じたこと、思ったことを書いています。

-整骨院・整体

© 2020 川崎です。