釣り

ダイワ(DAIWA) バスロッド スピニング モバイルパック 806TMS を使った感想

私は電車釣行、ルアーフィッシングメインで釣りを楽しんでいます。

仕事終わりなどに、サクッと短時間釣行がメインです。

対象魚は、シーバス、太刀魚、カマスあたりでしょうか。

電車移動のため、出来るだけ荷物もコンパクトになるようにしたいのです。

そのため、ロッドに求める条件は

  • コンパクト
  • そこそこの強度
  • それなりの重さのルアーが投げられること
  • 頑丈さ

でした。

この条件を満たすロッドというのが「ダイワ(DAIWA) バスロッド スピニング モバイルパック 806TMS」だったわけです。

ダイワ(DAIWA) バスロッド スピニング モバイルパック 806TMSを使った感想をまとめてみました。

参考にして頂けると嬉しいです。

使ってみて良かったところ

  • 仕舞い寸法が50cmほどでコンパクト!
  • ロッドにパワーがあるので、不意な大物とも渡り合える
  • ルアー釣り以外にも、それなりに対応できる。

普段は、湾奥でシーバスフィッシングで使用していますが、ほぼ事足りています。

まだランカークラスのシーバスはあげていませんが、60cmくらいのシーバスやメーター超えのF5の太刀魚にも余裕で対応できました。

ちょっと硬いですが、サビキ釣りやへち釣り、ぶっ込み釣りやちょい投げにも使えました。

使ってみてイマイチなところ

  • 振り出し竿なので、投げているとガイドがズレる。
  • やっぱりちょっと硬い、いや硬い・・・
  • 7g〜となっているが、10g以下のバチ用などの軽いルアーが飛ばない
  • 35gのルアーまでキャストできるが、フルキャストできるのは25gくらいまでにしておいた方が良さそう
  • それなりに重量があるので、長時間キャストしていると疲れる

電車釣行の方にオススメ!

とにかく仕舞い寸法がコンパクト!

港湾部で使用するほとんどのシーバス用のルアーが扱える。

特に、私のように湾奥シーバスを狙う場合、それほどフルキャストするシュチュエーションはそう多くはありません。

むしろこのくらいのロッドがちょうどいいのではないでしょうか?

The following two tabs change content below.
アバター
ながさき整骨院 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 豊島区池袋の近く東長崎で完全予約制・完全自費の整骨院をやっています。 プライベートのこと、仕事していて感じたこと、思ったことを書いています。

-釣り

© 2020 川崎です。