ウェブマーケティング

整骨院・整体院はGoogleアップデートと、どう付き合っていくか?

2017年の12月に行われたGoogleアップデート以降、整骨院・整体院のウェブサイトやブログの運営は難しくなりました。

簡単に言うと、整骨院・整体院のウェブサイトやブログが評価されなくなり、上位表示されなくなったのです。

具体底には、アクセス数が激減し、ウェブ経由の問い合わせが激減するなどです。

このアップデートがあるまでは、

上位表示されていたのはとにかくSEOに強いサイトでした。

具体的には

  • アフィリエイトのサイト
  • 謎の専門家サイト(元医療従事者などの専門家)
  • 整体院、接骨院、治療院
  • 個人病院
  • まとめサイトやキュレーションサイト
  • ブロガー

などです。

やりたい放題だった医療健康ジャンルに、Googleの大鉄槌が下されることになるのです。

https://webmaster-ja.googleblog.com/2017/12/for-more-reliable-health-search.html?m=1

簡単にいうと

● 今週、日本語検索におけるページの評価方法をアップデートした

● この変更は、医療や健康に関する検索結果の改善を意図したもので、医療従事者や専門家、医療機関等から提供されるような、より信頼性が高く有益な情報が上位に表示されやすくなる

● このアップデートは医療・健康に関連する検索のおよそ 60% に影響する

● 医療や健康だけに限らず、今後も継続的に検索の改善に取り組んで行く

  • アフィリエイトのサイト
  • 謎の専門家サイト(元医療従事者などの専門家)
  • 整体院、接骨院、治療院
  • 個人病院
  • まとめサイトやキュレーションサイト
  • ブロガー

こういったサイトの大半が、Googleの紙の杖により一掃されました。

この神の杖は、何度も落とされ、叩き潰されることになるのです。

その後も

  • 2018年8月
  • 2018年12月
  • 2019年3月
  • 2019年6月
  • 2019年11月
  • 2020年1月

にも神の杖が発動します・・・

もはやこうなると

  • ブログ書いても無駄・意味ない!
  • これからはYouTube一択!
  • これからはSNS集客!
  • これからはLINE@!
  • やはり原点に戻りチラシ集客!

こういう事をいう方が増えているのも、Googleアップデートが発端になっています。

「整骨院・整体院はGoogleアップデートと、どう付き合っていくか?」

について解説します。

上位表示されなくなっても、セッション数・PV数・CV数は落ちる?

一般的には、上位表示されているコンテンツがクリック率が高いと言われ、1位と10位では20%近く差があるとも言われています。

参考記事

Announcing: 2017 Google Search Click Through Rate Study

このロジックで言うと、検索順位が落ちると、クリック数が下がり、セッション数やPV数とCV数が激減すると言うことになります。

これで、多くの整骨院・整体院のサイト・ブログがセッション数やPV数とCV数が激減し、壊滅しました。

ところが、あまり影響を受けなかった整骨院・整体院のサイト・ブログもあります。

実は、ウチのサイトもそうでした。

一時的には落ちましたが、現在では、なんだかんだとそれなりの数字に落ち着いています。

いったいこれは、どういう事でしょうか?

検索順位が落ちたが、セッション数やPV数とCV数が変わらない?

検索順位が落ちたものの、「特にセッション数やPV数とCV数が変わらなかった」という話もありました。

これはなぜでしょうか?

コンテンツ自体に問題があります。

上位表示だけで選ばれてるコンテンツは

「他の経路からのアクセスが無く(SNS経由やダイレクト)、順位が落ちればざわざ探しに来てくれるユーザーがいない」

ということになります。

要するに

「ユーザーにとってそのサイトでなければいけない理由がない」

という事です。

ユーザーに提供できる独自の強みがなく、上位表示だけでしか選ばれてないと落ちやすいとも言えます。

また、独自の強みがあるコンテンツがあれば、上位表示されなくても、それなりにクリックされます。

また、SNSなどからの流入もそれなりにあります。

また、独自の強みがあるコンテンツには、何度も繰り返し訪問するユーザーもいます。

リピーターですね。

独自の強みがあるコンテンツがあれば、上位表示されなくても、コンテンツの実力に応じて、それなりにセッション数やPV数に反映されるということですね。

検索順位が落ち、セッション数やPV数とCV数が激減したサイトは、身も蓋もありませんが、コンテンツが実力不足ということになります。

結局のところ、ウェブも施術と同じ?

ここまでのこの記事を読んでいただくと、そろそろお気づきだと思われます。

結局のところ、ウェブのコンテンツも施術と同じなのです。

実力に応じた数字になるのです。

ウェブのコンテンツも施術も実力があれば、リピーターやファンの方、紹介の方が増えていきます。

これは、SEOだけではありません。

YouTubeやTwitterなども同様です。

実力があれば、チャンネル登録者数、フォロワー数、リプライやいいねの数、再生回数や高評価数に反映されます。

チャンネル登録者数、フォロワー数、リプライやいいねの数、再生回数や高評価数を増やすテクニック!

みたいなモノに振り回されるので、何かあるとすぐに吹き飛ばされてしまうのです。

結局のところ、実力がなければ、どんな媒体を使っても良い結果は出ないでしょう。

どんな媒体を使うか?というよりも、実力を上げることの方が大事ではないでしょうか?

まとめ

一昔前と違い、今はすぐにボロが出てしまいます。

とにかく、正直に誠実に施術を行い、結果を出して信頼を勝ち取ることが、一番のSEOではないでしょうか?

身も蓋もない話ですが・・・笑

The following two tabs change content below.
アバター
ながさき整骨院 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 豊島区池袋の近く東長崎で完全予約制・完全自費の整骨院をやっています。 プライベートのこと、仕事していて感じたこと、思ったことを書いています。

-ウェブマーケティング

© 2020 川崎です。