整骨院・整体

整骨院の予約を気軽にキャンセルする人はどうすればいい?

同業者の方から、たまにこんな相談?話をされることがあります。

特に予約制でやっていると、キャンセル問題はついて回りますよね。

最近では、飲食店のキャンセル問題がクローズアップされています。

イタズラ?で逮捕される方まで現れました。

整骨院などと違い、単価が5,000円で20人の予約がキャンセルで飛んだとしたらシャレになりませんよね。

しかも食材などのコストが発生しますし・・・

いったいどうすればいいのでしょうか?

予約を取らないこと

一番いいのは、予約を取らないことでしょうね。

身の蓋もありませんが(笑)

そもそも、この予約制という制度。

元々は、高級な割烹料理店や料亭などでひっそりと行われていた制度とのこと。

一部のお得意さんや常連さんだけに、予約をとっていたそうです。

そのうち大衆料理店などまで、予約制を導入し始め、キャンセル対策が必要になってきたと言うことですね。

うちでは、あまりキャンセル問題で悩んだことはありません。

そもそもウチは看板ださず、広告宣伝は行わず、口コミ中心で行なっているスタイル(HPはありますがSEOのみ)

そもそも新規の方も少ないので(涙)、ほとんどの方がリピーターの方です。

そう言った意味では、常連さんばかりですので、いわゆるドタキャンのようなことはまずありません。

ドタキャンがあったとしても致し方ない理由ですね。

  • 事故で電車が止まった
  • 台風や大雪、地震など
  • 家族の方の急病など
  • ご自身の体調不良

などでしょうか。

キャンセル対策としては

  • 向こうから聞いてこない限り、こっちからは予約を勧めない
  • 初めての方の予約は慎重に
  • 施術をもっと頑張る(予約の日が待ち遠しくなるように)

などでしょうかね。

とは言ってもですが

キャンセル魔の方がいるのも事実

患者さんとかじゃなくても、友達というか、知人などでもいると思います。

飲み会とか、まあいろいろとドタキャンが多い人。

こういう方たちの多くが、結局のところ人を大事にしていないんですよね。

他人を大事にしていないということは、自分のことも大事にしていないということ。

なんというか、人としてみるのではなく、モノとしてみていると言いますか。

遊びに行く約束なんかでも、約束した以上は時間を相手のために準備しておくわけですが、ドタキャンになるということは、準備が台無しになるともいえます。

相手に対しての想像力が働けば、気軽にドタキャンなんてしづらいとは思うのですが・・・

まあ、良い悪いではなく、価値観の違いなので仕方ないですね。

ドタキャンも理屈で考えたら仕方ないのですが、感情で考えると納得し難いところもありますよね。

理屈で考えれば「違う用事が入ったから仕方ないじゃないですか」と言われてしまったら、全くもってその通りで、仕方ないのです。

ただ、感情で考えると「違う用事が入ったから仕方ないじゃないですか」と言われてもモヤモヤしますよね(笑)

自分も他人も大事にする方は、相手の想像力が働きますし、あんまりこういうことをしないのではないでしょうか?

自分も他人も大事にしない方は、施術をしていっても、治りづらいというか、回復が遅い感じがしています。

そりゃそうですよね。

自分のことを大事にしていないんですから。

関わらないこと

ドタキャンが多い方に、キャンセル対策というのはどうでしょうね?

私からすれば、向こうからキャンセルしてくれて、ラッキーだなと思います。

こっちから断るよりも、向こうから断ってくれるわけですからね。

なので、私個人としては、あまりドタキャンは気にしていないです。

まあ、仕方ないですからね、

ドタキャンが多い方は、予約制じゃないところに行った方がいいですよね。

自分が好きな時に行けますから。

個人的には、ドタキャンが多い方にはあまり関わらないようにして、距離を置くことにしています。

そうすればお互い傷つかず、ちょうどいいのではないでしょうか?

個人的には、そんなにたくさんの友達が欲しいとか、たくさんの方と接点を持ちたいとも思っていません。

患者さんそうですが、無理にたくさんの方に来ていただこうとは思ってはいません。

看板を出していないのも、そういう理由なんですけどね。

数は少なくとも、縁があった方、価値観が合う方、向いている方向性が同じ方と関わることができれば、それだけで十分です。

The following two tabs change content below.
アバター
ながさき整骨院 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 豊島区池袋の近く東長崎で完全予約制・完全自費の整骨院をやっています。 プライベートのこと、仕事していて感じたこと、思ったことを書いています。

-整骨院・整体

© 2020 川崎です。