整骨院・整体

整骨院・接骨院のHP・チラシ・看板・広告って、どこもすごい自信ですが?・・・

つい先日、新規で来た同年代の男性の方とこんな話になりました。

患者さん 「先生のところは珍しいですよね。看板もないし、HPもシンプルでわかりやすかったです」

私    「ありがとうございます。看板なくて逆に怪しいとかと思わなかったんですか?w」

患者さん 「思わなかったどころか、逆に信用できましたよ。当院独自の〇〇施術法で病院でもマッサージでも治らない◯◯が治ります!って書いてあるところが多かったんです。

私    「そうなんですね。そういう自信がたっぷりのところに行こうとは思わなかったんですか?」

患者さん 「私の仕事柄か、治らない可能性を含ませないってことは本当にすごいのか?と気になっちゃって・・・」

私    「なるほど。そうなんですね。」

というようなやりとりがありまして。

ダラダラと特にオチもなく、思ったことを書いていきたいと思います。

本来ならばダメ

病院や整骨院・接骨院は人の健康を扱う為に過剰な表示は禁止されています。

説明すると長くなるのですが、

広告出来る範囲は端折りますが、ガチガチに法令遵守すると

  • 柔道整復師である旨並びにその氏名及び住所
  • 施術所の名称、電話番号及び所在の場所を表示する事項
  • 施術日又は施術時間
  • その他厚生労働大臣が指定する事項

しか書けないということになります。

整骨院・整体院で「医療広告ガイドライン」を守って「使っても良い表現」「使ったらダメな表現」まとめ

この議題は広告検討委委員会などで、議論されており、現時点ではHPなどは広告に該当しないとのことなので、ウェブではやりたい放題の状況が続いています。

つまり、「当院独自の〇〇施術法で病院でもマッサージでも治らない◯◯が治ります!」と書くのは、本来ならばダメなのですが、半ば黙認というグレーな感じになっています。

こういうガイドラインを守る整骨院・接骨院と無視する整骨院・接骨院にはっきり分かれてきているのかもしれませんね。

ウェブ上に関しては、現時点では、無視をする整骨院・接骨院の方が多いようです。

看板やチラシなども含めてしまうとわかりませんが。

大きな文字でポップに「骨盤矯正」「健康保険使えます」と看板に書いている整骨院・接骨院もたまにあるみたいですが、少数派だと信じたいですね・・・

どっちを選ぶ?

患者さんも方も分かれてきているようです。

  • ガイドラインを守った整骨院・接骨院を選ぶ患者さん
  • ガイドラインを無視をする整骨院・接骨院を選ぶ患者さん

現時点では、どっちが良い悪いとかではなく、合う合わないという話です。

不思議とホームページには先生の人柄が現れます。

各文章とか作りもですね。

  • 例えばトップページの文字数がこれでもか!というくらい多い先生は、プレゼン魔なのかもしれません(以前の私・・・)
  • 文章も写真も構成も業者任せという先生は、残念ながらそういう先生なのかもしれません(以前の私・・・)
  • やたらと初回割引押ししている先生は、お金の価値観が第一なのかもしれません(以前の私・・・)
  • 他の同業者をディスる事ばかり書いている先生は、残念ながらそういう先生なのかもしれません(以前の私・・・)
  • やたらと患者さんの声アピールしている先生は自身のなさの現れなのかもしれません(以前の私・・・)

不思議と、ちゃんと自分の意見を書いていると、その先生に合った患者さんが集まって来るものです。

集客しようと頑張るほど、集客できなくなる・・・

整骨院・接骨院のHPといえば、かつてはシンプルなモノばかりでした。

そんな中、コピーライティングを駆使し、作り込んだHPが出てこれば目立ち、結果集客につながったのですね。

整骨院・接骨院のコピーライティングは「欲しくなる、使ってみたくなる、行ってみたくなる」様にプロが作っています。

特に大手は莫大な予算をかけて作っていますから、個人では太刀打ちできませんね。

まあ、センスがある方は別ですが。

大手のコピーライティングを真似たり、参考にする先生も現れます。

また、今は経営塾やコピーライティングを教えているところもたくさんあります。

整骨院・接骨院向けのコンサルタントも増えましたしね。

すると、、コピーライティングを駆使し、作り込んだHPだらけになります。

するとどうなったのかというと、コモディティ化ですね。

皮肉なもので、集客しようと作り込むほど、集客できなくなってしまうのですね。

そもそも個人的には、集客という言葉自体どうなのかな?と思っています。

集客されたい人に集客される人なんているのでしょうか?

彼女・彼氏欲しいとガッついてる人に、彼女や彼氏ができるのでしょうか?

とは言っても、こういう時期は誰もが通る道ですよね。

こういう時期があるからこそ、わかることもあります。

ただ、ずっとそれではいけない。

今一度考えてみませんか?

 

 

 

The following two tabs change content below.
アバター
ながさき整骨院 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 豊島区池袋の近く東長崎で完全予約制・完全自費の整骨院をやっています。 プライベートのこと、仕事していて感じたこと、思ったことを書いています。

-整骨院・整体

© 2020 川崎です。