釣り

パワーミニイソメでハゼは釣れる?

パワーミニイソメをご存知でしょうか?

パワーミニイソメ

「パワーイソメソフト」と同じ素材を使用したミニタイプ。頭部は太くボリュームがあり、尻尾は細めで水を受けるとよく動く形状。小粒でも、魚の食い気を強く刺激します。「パワーミニイソメ中」はそのまま1本で使うのはもちろん、小型の魚を狙うときは、くびれ部分から切ると吸い込みやすさがアップ。くびれがあってしなやかに動く「パワーミニイソメ太」は投げて巻いて魚を誘うことに最適な食わせエサです。大きい魚には「パワーミニイソメ極太」がオススメ。一口サイズでソフトに仕上げ、食い込みが抜群です。選べる3タイプでターゲットの幅が広がります。

メーカーの文章を読むと、いかにも釣れそうな雰囲気がプンプンしています。

これさえあれば、いつでも釣りに行けそうな期待大です。

早速、ハゼ釣りに使ってみました。

結論、釣れない・・・

使ってみたのは一回だけじゃないんです。

3回ですね。

息子もパワーイソメを見ると目を輝かせ「使ってみたい!」と。

その日は、息子共々使ってみたのですが、釣れない・・・

ホタテだとちゃんと食ってくるんですよね・・・

私自身の餌の付け方や誘い方など、未熟な点は否定できませんけどね。

すごく活性が高い時なら、釣れるかもしれません。

活性が低く、渋い時にはアタリすらありませんでした・・・

そんなわけで、我が家ではパワーミニイソメを釣行に持参することはなくなりました。

釣れるという情報もある

私がパワーイソメで釣れなかった原因として、生き餌のような使い方をしてしまったことが挙げられます。

小さなワームとして使えば、釣果が得られたのかもしれません。

  • パワーイソメを小さなジグヘッドに付ける
  • パワーイソメをハゼスプにつける

という使い方をすればよかったのかもしれませんね。

ハゼの活性が低いときは、生き餌に軍配が上がります。

ハゼが入れ食い状態のようなときでしたら、生き餌のような使い方でも釣れるかもしれません。

もしくは、ハゼが釣れすぎて、遊び半分でパワーイソメで遊んで釣ってみるという使い方がいいかもしれません。

私は、もう過度な期待をするのをやめました(笑)

The following two tabs change content below.
アバター
ながさき整骨院 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 豊島区池袋の近く東長崎で完全予約制・完全自費の整骨院をやっています。 プライベートのこと、仕事していて感じたこと、思ったことを書いています。

-釣り

© 2020 川崎です。