日常

【整骨院業界の三大くだらないこと】

整骨院業界の【三大くだらないこと】

個人的に思うことを書きます。

根も葉も無い話ですので、あまり真に受けないでくださいね!

その1「働いていた整骨院を辞める時に大概揉める」

ドロドロします。

本当にドロドロしてます。

どうにかならないんですかね。

独立とか、転職とか、いろいろな選択肢があると思いますが、自由度がないというか・・・

揉めない方が少ない気がします。

辞める判断をした所には理由があるわけで・・・

辞めた後も、師弟関係が続くのとか、なんとかならないんですかね。

よく聞く話が、辞めて10年以上経った後でも、

「誰が一人前にしてやったと思っているんだ◯×△◇◯×・・・」

・・・・・

その2「所属していた協会を辞める時に大概揉める」

ドロドロします。

本当にドロドロしてます。

どうにかならないんですかね。

これも協会から独り立ちとか、協会の移籍とか、いろいろな選択肢はありますが、、、

共存共栄のようなポジティブな形になることは、少ないような気がします。

これも、辞める判断をした所には理由があるわけで・・・

協会に残る人と辞める人とで、本来なら建設的な話し合いができればいいんですけどね。

その3「みんな一緒」

看板、チラシ、ホームページ、ブログ、SNS、どこの整骨院も、ほとんど一緒に見えませんか?

写真もみんな同じようなポーズか腕組みしたポーズ

試しに、慢性腰痛専門で画像検索してみてください・・・

ネットワークビジネスが流行るとみんなやりだして・・・

FXが流行るとみんなやりだして・・・

アブローラーが流行ると、みんなアブローラー始めたり・・・

EAAが流行ると、あれほどお世話になったBCAAに見向きもしなくなったり・・・

The following two tabs change content below.
アバター
ながさき整骨院 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 豊島区池袋の近く東長崎で完全予約制・完全自費の整骨院をやっています。 プライベートのこと、仕事していて感じたこと、思ったことを書いています。

-日常

© 2020 川崎です。