WordPress関連

【WordPress】 httpエラーが起きて、プラグインも見直しても、どうやっても画像をアップロードできない場合はこの方法を!

WordPressはとても便利なツールです。

私のような初心者でも、簡単にウェブサイトを作ったり、ブログを書くことができます。

しかも無料で使うことができます。

そんな便利なWordPressですが、ちょいちょい問題が起きます。

その問題とは、画像がアップロードできなくなることです。

何らかの理由で、httpエラーが起きて、画像がアップロードできなくなるのですが、なかなか困ります。

画像のサイズを縮小すれば、画像がアップロードできるのですが、結構面倒くさいんですよね(笑)

特に、たくさんの画像をアップロードづる場合は面倒くさい。

この何年も、画像アップロードできない問題に悩まされてきました。

最近、やっとこの問題に終止符を打つことができました。

私と同じように困っていた方の役にたつと嬉しいです!

php.iniを設定すること

契約しているサーバーパネルから、php.iniの設定を行います。

と設定することで、どんな画像もスムーズにアップロードできるようになりました!

max_execution_time 100
max_input_time 180
memory_limit 1000M
post_max_size 30M
upload_max_filesize 2000M

画像だと見づらいかたもいると思いますので、テキストでも書きます。

今のところ、私自身はこの数字の設定で問題は起きていません。

もう少ない数字の場合でもダメな場合もありましたが、この数字だと全ての画像をアップロードできています。

プラグインの設定

EWWW Image Optimizer

Imsanity

あたりのプラグインを入れていると、画像のアップロードができなくなることがあります。

画像自動圧縮のプラグインは便利ですが、こういう場合は不便ですね。

上記のプラグインの停止して、画像がアップロードできるようになることもあります。

まとめ

最終的に、最初にご紹介した方法で、画像のアップロードで不具合が起こらなくなりました。

毎回毎回だと、なかなかのストレスです。

思い切って数字を増やしてみてよかったと思います。

The following two tabs change content below.
アバター
ながさき整骨院 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 豊島区池袋の近く東長崎で完全予約制・完全自費の整骨院をやっています。 プライベートのこと、仕事していて感じたこと、思ったことを書いています。

-WordPress関連

© 2020 川崎です。