アウトドア

ユニフレーム ネイチャーストーブ ラージ(焚き火台)を使った感想

キャンプ・焚き火・バーベキューグッズで、焚き火台、グリルの購入は悩むと思います。

有名メーカー、無名メーカー、国内メーカー、海外メーカー、素材、大きさなど、調べれば調べるほど、めちゃくちゃ出てきて悩むと思います。

物欲が絡んだ、こういった悩みは嬉しい悩みですよね(笑)

僕がユニフレーム ネイチャーストーブ ラージを購入した理由は

  • コンパクトに収納できること
  • 頑丈
  • 燃焼性が良い
  • 掃除が簡単
  • ユニフレームが好きだから(笑)

です。

ネイチャーストーブ ラージ

「ユニフレーム ネイチャーストーブ ラージ」を使ったみた感想を書いていきたいと思います!

購入を迷っている方の何かの参考になれば嬉しいです。

ユニフレーム ネイチャーストーブ ラージの魅力

実際に焚き火をしている動画

sdd7tQ+%SSyr9gmmiG9J2Q

僕がこれまで使ってきた主な焚き火台は、ユニフレームのファイアグリルとバーベキューグリル、コールマンのパーティグリルです。

家族や友人とグリルを囲み、調理をするにはちょうど良いサイズでした。

ところが、1人で出かけた時に焚き火をやりたい。

焚き火をして、ちょっとお湯を沸かしたり、調理を楽しみたいと思いはじめると、ファイアグリルのような焚き火台ではサイズが大きすぎます。

シングルバーナーは小型で持ち運びや片付けも楽チンで、便利ですが、、、、やはり自然の炎で焚き火をしたい!

というある意味贅沢な考えも出てきてしまいました。

そこで気になったのが、とてもコンパクトな、「ネイチャーストーブ」です。

落ち葉や小枝を燃やして楽しめるのが良いですよね。

ここで迷ったのが、「ネイチャーストーブ」か、「ネイチャーストーブラージです」

コンパクトなら、「ネイチャーストーブ」です。

店頭で実際に見た時に、「調理考えたら、ラージか・・・」と思いました。

ラージサイズを購入する決めてとなったポイント 2つ

  1. ラージサイズはしっかりとした五徳が付いている。
  2. 真ん中の穴から木の枝を補充することができる。

実際に何度も使ってみた感想

とにかくよく燃えます。

sdd7tQ+%SSyr9gmmiG9J2Q

ネイチャーストーブの上昇気流

画像引用:ユニフレーム

火が消えるということはまずないでしょう。

逆に燃えすぎて、僕はいつも薪切れを起こしてしまいます(笑)

底面は燃焼効率を考慮してメッシュですが、不思議なことに、全く炭や燃えカスがこぼれません。

燃焼効率が高いため、燃えきってしまってゴミがほとんど出ません。

とにかく頑丈

何度か使っていれば、熱による変形で、多少のガタつきが出てきても不思議ではありません。

ネイチャーストーブは、全く変形やガタつきが出ません。

さすがユニフレーム 製だけあって、とても頑丈にできています。

頑丈にできているためか、その分重量は重めです・・・笑

片付けも簡単

とにかく燃えます。

あまり灰も残りません。

灰をかたずければ、洗い流すか、汚れを拭き取ればオッケーです。

収納もコンパクト

専用の収納袋にすっぽりと入ります。

撤収も簡単です。

炭での調理は向かない?

ロストルと、五徳の距離がありますので、炭での調理は、何か工夫する必要がありそうです。

底上げして、五徳に使い場所に炭を置いて調子する必要がありそうです。

まとめ

「ユニフレーム ネイチャーストーブ ラージ」は、個人的に買ってよかったと思う商品です。

長く使っていてもガタツキや変形も起きないため、一生モノとして使えそうです。

The following two tabs change content below.
アバター
ながさき整骨院 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 豊島区池袋の近く東長崎で完全予約制・完全自費の整骨院をやっています。 プライベートのこと、仕事していて感じたこと、思ったことを書いています。

-アウトドア

© 2020 川崎です。